阪南市の産婦人科・婦人科・内科

大阪府阪南市黒田590 サンギャラリー2F
TEL:072-470-0125

 

HOME»  更年期障害

更年期障害

 

年齢
45~60才頃


症状
ほてり、肩こり、発汗、疲れやすい、もの忘れ、憂うつ、不眠傾向などの症状が見られます。(表)
症状は性格や生活環境のストレス(仕事・家庭内)により、個人差がみられます。


原因
50歳前後になると卵巣から産生される女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が急に減少するためです。
女性ホルモンは骨や脂肪にも、また、皮膚や粘膜などに関係が深いため、影響を受けやすいものです。また、脳の働きにも影響をもたらすと言われています。


検査
血液検査(肝、脂肪、ホルモンなど)尿検査・血圧測定など。


診断
特有の症状、年齢、血液検査(ホルモン値:FSH,女性ホルモン)などを参考にし、診察所見を考慮し、総合的に判断します。

 

治療について

治療・・・自分に合った方法を選択して頂きます。


○ 漢方療法
当帰芍薬散・・・冷え、だるい、貧血など。
桂枝茯苓丸・・・めまい、のぼせ、肩こりなど。
加味逍遙散・・・ほてり、イライラ、不眠など。

○ ホルモン補充療法(HRT)
不足している女性ホルモンを補充する治療です。はり薬,飲み薬,注射などがあり、効果は比較的、早くみられます。

○ 睡眠薬、精神安定剤
不眠、やる気がでてこないなどの症状がみられる時、適切な薬を服用します。
症状が著しく、生活に支障をきたす場合、精神科医の受診をすすめます。